樂茶碗

樂茶碗とは手とへらなどで成形する陶器です。千利休の好みの歪んでいて厚みがあります。瓦職人が聚楽第を建てる時に使う土を使って焼いたのが始まりとされています。有名な黒楽は素焼きし鉄釉をかけて陰干しし乾いたらまた釉薬をかけます。この作業を繰り返し1000度に熱します。そして急激に冷やすと黒く変色します。

あめや


樂焼きは派手な装飾がなく素朴な渋みと重厚感を求められます。一碗一窯で焼かれ傑作が生まれます。使われる土も80年以上落ち着いたものを使います。安土桃山時代の茶人は茶の湯に絵画的、建築や書などを融合し人間の精神世界を育て豊かにするもに変えていきました。